5/8 NHKマイルC

スポンサーリンク

重賞予想
スポンサーリンク

◎ 4 セリフォス

本命は朝日杯以来という異例のローションの4セリフォス。募集時のレビュー通り(https://sports-keiba.com/2020/06/21/20g37/)早期デビューからの3連勝をしていたが、朝日杯では2着と惜敗。

ダイワメジャー産駒と相性のいいNHKマイルCまで休むローテだが、早熟血統であるのでこのレースと安田記念にかなりの勝負をかけてくるはず。調教も4月頭からじっくりおこなっているので、まずはこの馬が本命。

対抗は18ダノンスコーピオン。こちらは朝日杯3着で前走マイルに戻してアーリントンCを完勝。
枠はよくないが、差し馬なのでうまく立ち回れれば伸びてくるだろう。

11インダストリア。弥生賞は外から届かずといった感じではあったが、マイルのジュニアCは強い勝ち方。
血統的には2000前後のほうが良さそうだが、昨年のシュネルマイスターと似たローテでもあり3歳のうちであればマイルでも良いだろう。

以下牝馬が良くくるレースでもあるので8アルーリングウェイ。東京実績のある5キングエルメス

コメント

タイトルとURLをコピーしました