スポンサーリンク

1/7 フェアリーS

重賞予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◎ 9 キャットファイト

かなりの高速馬場になっている中山だが、本命は中山マイルでレコードを記録している9キャットファイト。レコードを記録したアスター賞は5馬身の圧勝。前走の阪神JFは初輸送など課題もあったので、中山に戻れば再度期待できる。

対抗は6スティールブルー。アルテミスSは1,2着馬ともレベルが高かったので、3着というのはこのメンバーに入れば威張れる成績。

3マスクオールウィン。ボンドガールが勝った新馬戦4着以降マイルを使ってこなかったが、この高速馬場の中山マイルなら血統的にも対応可能。この枠もプラス。

以下赤松賞2着の11テリオスサラ

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました