6/7 安田記念

スポンサーリンク

重賞予想
スポンサーリンク

◎ 5 アーモンドアイ

前走ヴィクトリアマイル圧勝の◎5アーモンドアイが本命。昨年の安田記念はスタート、直線での不利につきる。今更能力の説明は不要だが、東京競馬場はこの馬にとってベスト。

現在稍重の馬場状態であり超高速馬場とはいかない状態。
そこで対抗に押すのは2ダノンキングリー。ディープインパクト×ストームキャットで高速馬場が得意ではあるが、母系のマッチェム系は道悪得意(代表馬のカルストンライトオは不良のスプリンターズS制覇)でうまく内枠を活かして先行できれば伸びてくる。

▲5インディチャンプ。リピーターが多いのがこのレース特徴であり、マイル戦でほぼ崩れていないこの馬は外せない。

△に9アドマイヤマーズと11グランアレグリア
9アドマイヤマーズは超高速馬場向ではなく、香港マイルで強力な現地2頭を破ったようにやや時計がかかる今日の馬場は向いている。
11グランアレグリアは前目につけれるという意味でマイルがベスト。枠がやや不利だが、スターを決めて先行できれば。

1ダノンプレミアムは抑えまで。中内田厩舎の早熟成績を見ると、5歳かつ2歳チャンピオンのディープインパクト産駒ということで伸び代がない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました