7/10 七夕賞

スポンサーリンク

重賞予想
スポンサーリンク

◎ 11 アンティシペイト

本命は前走同じコースの福島民報杯勝ちの11アンティシペイト
オープン入りしてからは長い距離も使われてきたが、前走2000で圧勝。3勝クラスも2000mで勝っておりこの距離はベスト。ルーラーシップ産駒は小回りコースでも力を発揮できるので、ベストの舞台条件。

対抗は3ヒュミドール。こちらも同じコースの福島記念でパンサラッサの2着。オルフェーヴル産駒もこのコースと相性が良く、この馬自身2年連続で夏に好走しているので狙い目の時期。

8フォルコメン。2000mはかなり久しぶりの距離だが、父ヴィクトワールピサ、母系のミエスク牝系から言っても距離的な問題はない。この距離である程度のポジションで折り合えば人気以上に好走が期待で切り。

以下このメンバーでは1番の安定した実績を残している、6ヒートオンビート。ルーラーシップ産駒16エヒト15ヴァンケドミンゴ

コメント

タイトルとURLをコピーしました