11/29 ジャパンカップ

スポンサーリンク

重賞予想
スポンサーリンク

◎ 6コントレイル

3冠馬3頭の対決となった今年のジャパンカップ 。本命はその中の一頭、今年の牡馬三冠馬◎6コントレイル
コントレイルは前走菊花賞でアリストテレスと接戦の上の勝利だったが、「終始引っかかる」「母系のアメリカ血統からくるスタミナ不足」「アリストテレスにマークされ続ける」といった悪条件の中での勝利だった。
東京では東スポ杯2歳Sと日本ダービーで2回走っているが、両方ともこの馬のベストパフォーマンスを発揮しており、コース替わりは間違いなくプラス。
先週の調教で遅れたのが話題になったが、今週は整ったとの陣営コメントを信じたい。

対抗は2アーモンドアイ。前走の天皇賞・秋は詰め寄られたが勝利。ここ2年で見ると、東京1600,2000mでハイパフォーマンスを発揮している。
2400mは2年前のJC以来だが、その時と違い馬場が荒れており、惨敗した去年の有馬記念に近いことと、中2週と詰めて使った安田記念がイマイチ伸びきらなかったように、今回の中3週も不安があるので対抗。

3番手は15グローリーヴェイズ。東京の芝傾向として外枠がやや有利になっておりこの枠はプラス。昨年の香港ヴァーズでも圧勝を見せたように、超高速馬場よりはやや時計がかかった方が良い。

4番手5デアリングタクト。秋華賞からのローションは昨年のカレンブーケドールも2着にきたように好走するパターン。ただ今年の3歳馬が古馬混合重賞で不振なのでこの評価。

あとは1年ぶりだが舞台設定はあっている3ワールドプレミア。外枠の差し馬で13ユーキャンスマイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました