ジュールポレールの20 レビュー

スポンサーリンク

21G1
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2021)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎生産
ジュールポレールの20 20.02.10110万円西園 正都白老Fロードカナロア

血統

1200,1600mのG1 6勝 香港スプリント連覇の名スプリンター
初年度産駒から活躍馬多数。産駒は父キングカメハメハ同様、芝ダート兼用。距離はマイル以下の方が勝率が高い。馬体重は軽い馬でも走る。
アーモンドアイ (G1 9勝)、サートゥルナーリア(朝日杯FS、皐月賞)、ステルヴィオ(マイルCS)

ヴィクトリアマイルでG1を制覇するなど、芝1600,1800mで計6勝。G1レーシングの牝馬で初のG1勝利となった。ヴィクトリアマイルもそうだったように、湿った芝が得意。
半兄サダムパテックはマイルチャンピオンS(G1)など重賞5勝。

主な兄姉

初仔

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲菅囲体重
145.516718.2381

動き

初仔であり全体的に小さいが体は使えている。首は太め。

厩舎(6/6時点)

西園 正都
19年:40位 20年:31位 21年:8位

母ジュールポレールも管理。ここ最近は年間30勝前後で推移。出走回数は多く、酒井、和田竜が主戦。

適性コース

芝1400-1800m
ロードカナロアと母父ディープインパクトとの組み合わせでは、ほぼ芝で勝ち星を挙げている。

まとめ

最大5で評価 

3
間違いなく人気となるが、初仔であり価格からしてもややリスキー。馬自体は成長できればマイル路線で期待できる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました