スポンサーリンク

4/9 桜花賞

重賞予想
スポンサーリンク
スポンサーリンク

◎ 3 リバティアイランド

本命は阪神JF以来の3リバティアイランド。新馬戦から上がり3Fすべて10秒台など強烈な末脚を見せていたが、阪神JFも長くいい脚を使っての圧勝。その後のレースを見てもこれを超えるようなパフォーマンスを見せた馬はおらず、前が詰まるなどなければまず勝てるだろう。

対抗4ドゥアイズ。勝ったのは新馬戦だけだが、その後札幌、阪神、東京と異なる特徴のコースで連続好走。立ち回りもうまく内枠にも入ったので、今回も確実に伸びてくるだろう。

▲5ハーパー。前走のクイーンCはゴール前ドゥアイズを振り切っての勝利。血統的にもマイルより長いほうが適性がありそうだが、このメンバーなら上位争い必須。

以下好相性のチューリップ賞からは3着の14ペリフォーニア。本来はマイル向きだがフィリーズレビューを制した、12シングザットソング。シンザン記念勝利の2ライトクオンタム

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました