ナスカの19レビュー

スポンサーリンク

20シルク
スポンサーリンク

(出典シルクホースクラブ:https://www.silkhorseclub.jp/system/xb/silk_home.manage.Features?postId=229524)

基礎情報

募集予定馬名性別一口の金額厩舎誕生日生産者
ナスカの19ドレフォン4青木孝文4月9日ノーザンファーム

血統

産駒は2021年デビュー。
父ジオポンティは芝の中距離で活躍したが、ドレフォンはアメリカのダート短距離で活躍し、BCスプリントなどG13勝。
父ストームキャット系、母父ヴァイスリージェント系(デピュティミニスター)とアメリカのダートスピード血統。サンデー系との配合のしやすさで導入されたものと思われる。

未出走
重賞3勝、日本ダービー2着のインティライミの半妹

兄姉

中央勝ち馬はいずれもキングマンボ系。近年は不振。

  • レイナカスターニャ (牝 2008 キングカメハメハ) 1勝 ダ1800m
  • アロマティコ (牝 2009 キングカメハメハ) 6勝 芝1400m,1800m,2000m 2着-クイーンS(G3) 、3着-秋華賞(G1)、エリザベス女王杯(G1)、マーメイドS(G3)
  • カラル (セ 2014 ルーラーシップ) 3勝 芝1800m,2200m ダ1900m

馬体

測尺

体高胸囲菅囲体重(kg)
16417720.5456

動き

2020年4月 右大腿骨内側顆ボーンシスト手術
胸前の筋肉が発達しており、首が短めでつなぎが立ち気味。ダート短距離志向か。

厩舎(4/11時点)

青木孝文
19年:162位 20年:134位 21年:161位
まだ開業5年目の39歳で、目立った成績はあげていない。

適性コース

ダート1200-1600m

まとめ

最大5で評価 
3
馬自体の出来は良いが、母が高齢になってきて最近の活躍馬がいないのが気になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました