エレガントマナーの19レビュー

スポンサーリンク

20シルク
スポンサーリンク

(出典シルクホースクラブ:https://www.silkhorseclub.jp/system/xb/silk_home.manage.Features?postId=229524)

基礎情報

募集予定馬名性別一口の金額厩舎誕生日生産者
エレガントマナーの19モーリス8万円萩原清3月2日ノーザンファーム

血統

日本、香港でG1 6勝の名馬 父スクリーンヒーローで母はメジロ牝系で字面だけ見ればステイヤーだが、気性的な面もあり現役時代は2000mまで。
産駒は昨年デビューし、ルークズネクスト(ファルコンS)、シゲルピングルビー(フィリーズレビュー)、ピクシーナイト(シンザン記念)と3頭の重賞勝ち。
芝の方がダートより3倍ほど出走回数が多いが、勝率は芝:12.3%、ダ:10.6%と大きな差はなく、距離も含めると芝2000mがもっとも成績が良い。体格の良い馬が多いが、牡馬は480キロ以上の成績が良い。

ダート1800で2勝。バレークイーンの牝系で近親に活躍馬多数。
(フサイチコンコルド、リンカーン、ヴィクトリー、アドミラブル、アリストテレス、アンブロワーズ、ボーンキング、アンライバルド)

兄姉

リーガルプレゼンス (牡 2012 キングカメハメハ) 2勝 ダ1800、2100
エレガントクルーズ (牝 2015 クロフネ) 2勝 ダ1800 障害
リーガルマナー (セ 2017 ロードカナロア) 1勝 ダ1800
コウソクカレン (牝 2018 ロードカナロア) 1勝 芝1600

馬体

測尺

体高胸囲菅囲体重(kg)
16218220.3470

動き

モーリス産駒らしく見栄えのする馬体で、筋肉量も多い。
調教動画では口を割っており、まだ気性が幼いか。

厩舎(4/11時点)

萩原 清
19年:40位 20年:67位 21年:30位
近年もダノンキングリー、ノームコアなど重賞活躍馬は多いが、成績がやや下降気味。

適性コース

芝ダート1600-2000m

まとめ

最大5で評価 
4
筋の通った牝系であり、兄姉も勝ち上がり馬が多い。馬体も仕上がりの早さが感じられる。
父母ともロベルト系と重厚な血統であり、ダート馬となるか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました