ローブティサージュの19 レビュー

スポンサーリンク

20シルク
スポンサーリンク

(出典シルクホースクラブ:https://www.silkhorseclub.jp/system/xb/silk_home.manage.Features?postId=229524)

基礎情報

募集予定馬名性別一口の金額厩舎誕生日生産者
ローブティサージュの19ディープインパクト12万円手塚貴久1月14日ノーザンファーム

血統

無敗の三冠馬、G1 7勝の歴史的名馬かつリーディングサイアー
芝の方が成績は圧倒的に良く、距離はがマイル以上が良い。
ノーザンダンサー系でスピードがあり高速馬場対応のできる、ダンチヒ系、ストームバード系、ヴァイスリージェント系との相性が良い。
本馬の母父であるミスプロ系は、頭数こそ多いものの平均獲得賞金は中位。

阪神JF1着、キーンランドC1着
2歳の7月にデビューしそのまま2歳G1制覇。その後も短距離重賞で活躍したが、成績としては早熟気味。

兄姉

リアンティサージュ (牡 2017 オルフェーヴル) 2勝 芝1600、芝2600
レゾンドゥスリール (牡 2018 ハーツクライ) 1勝 芝1600
いずれも母と同じ須貝厩舎

馬体

測尺

体高胸囲菅囲体重(kg)
16017719402

動き

つなぎが立ち気味で、トモが薄い。
まだ402キロということもあり、ひ弱に見える。

厩舎(4/11時点)

手塚 貴久
19年:21位 20年:17位 21年:30位
安定した成績で、重賞も28勝と多く2011年以降連続で勝っている。社台系クラブ馬が多い。
(代表馬:フィエールマン)

適性コース

芝1400-1800m

まとめ

出資したいかを1-5の評価で判断。 
2.5
血統は文句なく1勝はあげそうだが、現状馬体は寂しく出資額に見合うかどうか疑問

コメント

タイトルとURLをコピーしました