ケアレスウィスパーの19レビュー

スポンサーリンク

20シルク
スポンサーリンク

(出典シルクホースクラブ:https://www.silkhorseclub.jp/system/xb/silk_home.manage.Features?postId=229524)

基礎情報

性別一口の金額厩舎誕生日生産者
ドレフォン6池江泰寿3月19日ノーザンファーム

血統

産駒は2021年デビュー。
父ジオポンティは芝の中距離で活躍したが、ドレフォンはアメリカのダート短距離で活躍し、BCスプリントなどG13勝。父ストームキャット系、母父ヴァイスリージェント系(デピュティミニスター)とアメリカのダートスピード血統。サンデー系との配合のしやすさで導入されたものと思われる。

ダート1400,2100mで3勝
カンパニー、トーセンスターダム、トーセンジョーダンといったG1馬やその他重賞馬を多く輩出している牝系。全般的に中長距離を得意とする馬が多く、晩成傾向。

兄姉

  • トーセンバジル (牡 2012 黒鹿毛 ハービンジャー) 5勝 芝1800-2400m
    2着 – アンダーウッドS(G1)、京都大賞典(G2) 、3着 – 香港ヴァーズ(G1)、神戸新聞杯(G2)、阪神大賞典(G2)
  • フレグラントブレス (牝 2013 芦毛 クロフネ) 2勝 ダ1800m

馬体

測尺

体高胸囲菅囲体重(kg)
16218420476

動き

胸前が発達しており、かき込みもパワフル。ある程度仕上がっていそう。

厩舎(4/11時点)

池江 泰寿
20年:19位 21年:13位
重賞83勝。日本を代表するトレーナー。管理馬が多くなかなか使えない可能性も。

適性コース

芝ダート1600-2000m

まとめ

最大5で評価 
3.5
晩成傾向で中長距離指向のあるクラフティワイフの牝系に、アメリカダート短距離で活躍したドレフォンで、どのような適正になるか難しいところもあるが、馬体をみるとダートよりか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました