9/5 新潟記念

スポンサーリンク

重賞予想
スポンサーリンク

◎ 13 クラヴェル

夏開催最終週で、馬場の内側はかなり荒れてきた新潟競馬場。昨日の傾向を見ても本命は6枠以降から狙いたいが、その中で本命は13クラヴェル。おそらく後ろからの展開となるが、キングカメハメハ×ディアデラマドレ(その母ディアデラノビラ)と末脚を生かす血統なので、過去1勝している。新潟外回りの長い直線はプラス。

対抗は18トーセンスーリヤ。こちらは先行馬だが新潟実績もあり、横山和がうまく直線で進路を取れれば前走函館記念勝ちから行っても能力上位。サマー2000シリーズが狙える馬も少ないので、ここはメイチでくるだろう。

6パルティアーモ。こちらは新潟実績が高く、前走の昇級戦でも2着と目処も見せた。ワークフォース×アドマイヤベガでジリ足タイプだが、長い直線でしぶとく伸びるのがあっているのだろう。

以下連下。この夏3歳馬が重賞を勝っているが、このレースでは唯一の10ラーゴム。全兄ジナンボーがこのレース2着のアパパネ産駒11ラインベック。左回りではかなり安定している、2ザダル

コメント

タイトルとURLをコピーしました