スポンサーリンク

ヤンキーブライトの21 レビュー

22インゼル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(出典 インゼルサラブレッドクラブ:https://inseltc.com/offer-horse-list/

基礎情報

募集予定生月日生産一口厩舎
ヤンキーブライトの21Practical Joke2/14George E. Bates Trustee5.2森秀行

血統

アメリカ産。父は2019-21北米リーディングサイヤーのイントゥミスチーフ。


シャンペインS (米GI ダ1600m)、ホープフルS(米G1 ダ1400m)、HアレンジャーケンズS(米G1 ダ1400m)を制覇。
日本で走った産駒は2頭、いずれも森厩舎の3歳馬で2,3勝を上げているが早熟傾向。短距離の芝ダートが主戦。

アメリカ産 未勝利
父がゴーンウェスト系、母父ヴァイスリージェント系とアメリカのダート血統

主な兄姉

初仔

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

馬体重体高胸囲管囲
43315717718.5

動き

硬めの動きや筋肉量の豊富さ、胸前の発達などいかにもスプリントといった体型

厩舎(10/2時点)

森 秀行
20年:56位 21年:20位 22年:40位


2000年代前半まではリーディング上位の常連だったが、その後社台系の馬が減少し勝ち星低迷。

近年アメリカ産馬を中心の体制とし復調しており、現在約8割がアメリカ産馬。
Practical Joke産駒はJRAで2頭走っており2頭とも管理。

騎手は所属の松本が最も多く武豊と2本柱。

適性コース

芝ダ1200-1600m

まとめ

最大5で評価 

3

血統と厩舎から明らかに早期デビュー狙いで勝ち上がりは期待大。
ただ早熟血統でもあり大化けはどうか

スポンサーリンク

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました