スポンサーリンク

レディプランスアロットの22 レビュー

23G1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2023)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎牧場
レディプランスアロットの224/975四位 洋文社台Fブリックスアンドモルタル

血統

アメリカ産 産駒は2023年デビュー
13戦11勝で、アーリントンM(芝2000m)、BCターフ(芝2400m)などアメリカの芝G1を5勝を上げ2019年エクリプス賞・年度代表馬。


父はジャイアンツコーズウェイでストームバード3×3の濃いクロス。ジャイアンツコーズウェイの日本での代表産駒は、エイシンアポロン(マイルCS)、スズカコーズウェイ(京王杯SC)。芝ダートの勝率はほぼ同じで芝は1200m、ダートは1700-1800mの勝率が高い。
現役時代の勝ち星が全て芝のスズカコーズウェイの産駒勝ち星は全てダートで、本馬もそうなる可能性はある。


6/4テラメリタが阪神芝1600mで新馬勝ち。
6/10ゴンバデカーブースが東京芝1600mで新馬勝ち。

アイルランド産。アメリカンオークス(米G1 芝2000m)勝ちなどアメリカで活躍。

主な兄姉

初仔

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲管囲体重
15016919380

動き

初仔の牝馬で4月生まれの割にはしっかりとした馬体で、筋肉量も多い。
左飛節OCD除去手術(22/11/24)

厩舎(6/4時点)

四位 洋文
21年:142位 22年:66位 23年:62位


騎手時代1586勝、重賞76勝、G1 15勝の名ジョッキーで、2021年開業。起用騎手は富田、福永(引退)、藤岡佑が多い。

適性コース

芝1600-2000m

まとめ

最大5で評価 

3.5
初仔ではあるが、母の実績もあり注目したい。この父でサンデー非内包がどう出るのかが未知数。

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました