フィビュラの20 レビュー

スポンサーリンク

21G1
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2021)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎生産
フィビュラの20 20.01.0645万円萩原 清ノーザンFリオンディーズ

血統

昨年産駒デビュー
現役時代は2戦目で朝日杯FS制覇したが、ダービー5着の後屈腱炎で引退。母シーザリオ、半兄にエピファネイア、半弟にサートゥルナーリアという超良血。兄弟同様気性が荒く、皐月賞では折り合いを欠く場面があった。
産駒は芝の方が勝率が良いが、父キングカメハメハの影響か兄エピファネイアほどダートとの勝率差はない。

  • ピンクカメハメハ(サウジダービー ダート1600m)母父ダンシングブレーヴ
  • リプレーザ(兵庫チャンピオンシップ ダート1870m)母父マンハッタンカフェ
  • アナザーリリック(アネモネS)母父サクラバクシンオー

芝ダート1600mで各1勝。
半兄に ミトラ (シンボリクリスエス) 9勝 金鯱賞(G2)、福島記念(G3)

主な兄姉

初仔

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲菅囲体重
154.517419.5441

動き

1月生まれとはいえ、初仔の牝馬とは思えない馬体の成長ぶり。
しっかり体を使って歩けており、持て余した感じはない。

厩舎(6/6時点)

萩原 清
19年:40位 20年:67位 21年:35位

近年もダノンキングリー、ノームコアなど重賞活躍馬は多いが、成績がやや下降気味。出走回数はかなり少ない。横山武の起用が最も多い。

適性コース

芝ダート1400-1800m

まとめ

最大5で評価 

3.5
父、母系とも芝ダート兼用で行けそう。馬体を絞っていく必要が出てきそうなので、出走回数の少ない厩舎との相性が鍵。

コメント

タイトルとURLをコピーしました