ベルロワイヤルの20 レビュー

スポンサーリンク

21G1
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2021)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎生産
ベルロワイヤルの20 20.03.1460万円斉藤 崇史追分Fダイワメジャー

血統

1600-2000mのG1で4勝
種牡馬としては、とにかく仕上がりが早く早期デビューが多く2-3歳からの活躍が目立つ。産駒は概ねマイル以下で活躍し、芝ダートの差はあまりないが、大物は芝が多い。ベテラン種牡馬だが、近年もアドマイヤマーズ(朝日杯FS、香港マイル)レシステンシア(阪神JF)といったG1馬を輩出

アイルランド産 ドイツで8勝、アメリカで2勝
アメリカ ゲイムリーS(G1 芝1800m)

主な兄姉

4世代登録されているが、デビューしていない馬が2頭、その他もあまりレースに出ておらず未勝利となっている。

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲菅囲体重
148.516919.8402

動き

胴の長さ、首、体高を見てもマイル以下。動きがゴツゴツしている。

厩舎(6/6時点)

斉藤 崇史
19年:40位 20年:15位 21年:22位

開業6年目の39歳だが、安定して成績を上げており、すでにG1を4勝。出走回数は少なめで所属騎手の団野、北村友の騎乗が多い。

適性コース

芝1400-1600m

まとめ

最大5で評価 

2.5
ダイワメジャー産駒であれば、もう少し成長していて欲しいところ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました