クリッパールートの20 レビュー

スポンサーリンク

21G1
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2021)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎生産
クリッパールートの20 20.04.2150万円清水 久詞追分Fシルバーステート

血統

産駒は2021年デビュー。6/13に新馬勝ち。
芝1600-2000mで4勝。G1級のポテンシャルを見せていたが、屈腱炎により5戦しかできなかった。価格面からも種付け数を集めている。シルヴァースカヤの牝系からは、ヴィクティファルスが今年のスプリングS(G2)を制覇。

ダート1600-1800mで計3勝。母の初仔。

主な兄姉

2番仔上は未デビュー

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲菅囲体重
14816419.4389

動き

まだ馬体は小さいが、脚元はしっかりしており、柔軟性もある。

厩舎(6/6時点)

清水 久詞
19年:24位 20年:12位 21年:7位

キタサンブラックで名をあげたが、成績も年々上昇。出走回数は矢作厩舎に次ぐ多さ。西村淳、藤井勘、北村宏の起用が多い。

適性コース

芝1400-2000m
父方は基本芝しか出ていない。

まとめ

最大5で評価 

4
父の瞬発力と母系のロベルトからくるパワーが噛み合えばかなり面白い配合。厩舎も魅力。

ディープインパクト系とシンボリクリスエスの組み合わせは、ランブリングアレー、マジックキャッスルが、今年のヴィクトリアマイルで2,3着。直線で確実に伸びる末脚が魅力。サンデーサイレンスとロベルトのインブリードがあり、スピード、パワーの補強は期待できそうだが、やや気性面に不安。

コメント

  1. […] クリッパールートの20 […]

タイトルとURLをコピーしました