ミスセレンディピティの20 レビュー

スポンサーリンク

21シルク
スポンサーリンク

出典
https://www.silkhorseclub.jp/system/xb/silk_home.manage.Features?postId=273893

基礎情報

募集馬名誕生日一口価格厩舎生産
ミスセレンディピティの20ドゥラメンテ4月22日10松永幹夫ノーザンF

血統

産駒は一昨年デビューも、昨年死亡。現役時代は皐月賞ダービーの2冠も怪我で4歳半ばで引退。父キングカメハメハ、母アドマイヤグルーヴの超良血で素晴らしい瞬発力の持ち主。
芝ダートの勝率はほぼ同じ。馬体重は軽い馬でも結果を残している。
基本的には広いコースの瞬発力勝負が得意。

  • タイトルホルダー(菊花賞 皐月賞2着)母父 Motivator
  • スターズオンアース(桜花賞)母父Smart Strike
  • アリーヴォ(小倉大賞典 大阪杯3着)母父Harlan’s Holiday

アルゼンチン産 アルゼンチンのG1勝ち。
父Not For Saleは、ダノンファンタジー(阪神JF)、サトノフラッグ(弥生賞)、サトノレイナス(阪神JF・桜花賞2着)の母父

主な兄姉

  • ホウオウセレシオン (牡 2017 キングカメハメハ) 2勝 ダ1600,1800m
  • ダノンフューチャー (牡 2019 ドゥラメンテ) 1勝 ダ1800m

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲菅囲体重
15819.5182468

動き

動きはゆっくりだが、柔軟性はある動き。
芝が主戦場となりそう。右後膝ボーンシスト手術(21/6/24)

厩舎(4/10時点)

松永 幹夫
20年:37位 21年:32位 22年:16位


騎手時代1400勝、G16勝を挙げた人気騎手であったが、2007年に開業。徐々に成績を上げ重賞21勝、G16勝。
社台系の馬も多めだが一辺倒ではなく、ノースヒルズやキーファーズといった有力馬主の馬も多く、レース回数が多め。キーファーズが最も預託している厩舎でもある。
起用騎手は、競馬学校の1期後輩でもある武豊が最も多く、ついで角田大和、西村淳と続く。

適性コース

芝1600-2000m

まとめ

最大5で評価 

3.5
南米血統とドゥラメンテといいったスピードが溢れた血統で、デビューは遅いかもしれないが期待が持てる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました