スポンサーリンク

アルーリングハートの21 レビュー

22インゼル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(出典 インゼルサラブレッドクラブ:https://inseltc.com/offer-horse-list/

基礎情報

募集予定生月日生産一口厩舎
アルーリングハートの21ブリックスアンドモルタル3/13杵臼牧場3須貝尚介

血統

アメリカ産 産駒は2023年デビュー
13戦11勝でアーリントンM(芝2000m)、BCターフ(芝2400m)などアメリカの芝G1を5勝を上げ2019年エクリプス賞・年度代表馬。


父はジャイアンツコーズウェイでストームバートの3×3の濃いクロス。
ジャイアンツコーズウェイの日本での代表産駒は
エイシンアポロン(マイルCS)、スズカコーズウェイ(京王杯SC)。
芝ダートの勝率はほぼ同じで芝は1200m、ダートは1700-1800mの勝率が高い。


現役時代の勝ち星が全て芝のスズカコーズウェイの産駒勝ち星は全てダートで、本馬もそうなる可能性はかなりある。

中央未勝利


基本的に早熟のスプリント牝系で、全姉アルーリングボイスは小倉2歳S(G3)、ファンタジーS(G3) 、 半弟アンヴァル2着 CBC賞(G3)、3着 北九州記念(G3)。
その母アルーリングアクトは、小倉3歳S(G3)(当時)勝ち。

主な兄姉

イルクオーレ (セ 2018 ロードカナロア) 3勝 芝1200,1400m

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

馬体重体高胸囲管囲
435148.517319

動き

胴が短く腹袋が大きくダイワメジャーが出ている

厩舎(10/2時点)

須貝 尚介
20年:13位 21年:7位 22年:7位


G1 15勝など実績のあるトップトレーナー。出走回数はかなり多めで北海道での勝率が高い。

吉田隼、西村淳が主戦。

適性コース

芝1200-1400m

まとめ

最大5で評価 

3

早熟スプリントの母系に、父はストームキャット系と早めのデビューで勝ち上がれそうだが、その後の成長力は期待薄なのでこの評価。

スポンサーリンク

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました