スポンサーリンク

ブライトリビングの22 レビュー

23G1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2023)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎牧場
ブライトリビングの222/1965戸田 博文白老Fニューイヤーズデイ

血統

アメリカ産
2歳でBCジュヴェナイル(米G1 ダート8.5F)を制したがその後引退し種牡馬入り。アメリカではマキシマムセキュリティ(フロリダダービなどG1を4勝)を輩出。

日本での産駒は2023年デビュー。おそらくダートを中心に使われるが、マキャベリアンは母父としてシュヴァルグラン、ヴィヴロス、ヴィルシーナ、ヴィクトワールピサなどサンデー系の種牡馬との配合で芝のG1馬を複数輩出しており、母系によっては芝も対応可能だろう。

ダート1600,1800mで計3勝。半姉が今回募集馬もいるカラフルデイズ 1着 関東オークス交流(G2)

主な兄姉

2番仔

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲管囲体重
14517319.4405

動き

測尺の割には骨太で筋肉量もあり、いかにもダートという印象。
左飛節OCD除去手術(22/12/12)

厩舎(6/4時点)

戸田 博文
21年:112位 22年:159位 23年:89位


近年成績下降で、昨年は重賞を勝ったものの、開業年以来の1桁勝利。勝ち星の半分以上は中山。起用は吉田豊が大半を占め、松岡、嶋田の順。

適性コース

ダート1600-2000m

まとめ

最大5で評価 

3.5
上も活躍しており、ダート狙いとして面白い。厩舎の勢いがないのが気がかり。

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました