スポンサーリンク

ヴィクトリーマーチの22 レビュー

23G1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2023)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎牧場
ヴィクトリーマーチの223/340林 徹追分Fビッグアーサー

血統

産駒は2021年デビュー。サクラバクシンオー産駒でほぼ1200mのみに出走し、高松宮記念を制覇。名牝Specialのインブリードがある。
産駒もほとんどが1200-1400mで出走しており、1200mの成績が圧倒的に良い。芝の勝率がダートの約2倍。

芝1500,1600mで各1勝。
母の妹にカナダG1馬と香港ヴァーズ馬

主な兄姉

サトノファイター (牡 2016 キングカメハメハ) 4勝 ダート1800,1900m、障害
ヴィブラント (牡 2017 ルーラーシップ) 1勝 ダート1700m
ビーオンザマーチ (牝 2019 モーリス) 2勝 芝1400,ダート1200m

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲管囲体重
15417119398

動き

胴が詰まった馬体で筋肉量も牝馬にしてはあり、いかにもスプリンター。
右肘関節炎により関節洗浄(22/10/10)

厩舎(6/4時点)

林 徹
21年:50位 22年:55位 23年:38位


開業6年目で昨年G1初制覇など徐々に実績を積み重ねており、社台系の管理馬も増えている。レース数は少ない。騎手は伊藤工の起用が多く、津村、丸山と続く。

適性コース

芝1200m

まとめ

最大5で評価 

3
おそらく1200に専念となるが、狙い通りで面白い。

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました