スポンサーリンク

ターフェルムジークの22 レビュー

23G1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2023)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎牧場
ターフェルムジークの222/1670須貝 尚介追分Fジャスタウェイ

血統

天皇賞・秋、ドバイDF、安田記念と1600-2000mのG1を3勝。ロンジンワールドベストレースホースランキングで日本馬初の1位。3歳で重賞を勝っているが、ハーツクライ産駒らしく古馬になってから一段と成績が向上。
2018年産駒デビュー。芝ダートの勝率はほぼ同じ。主戦場の芝では1200m,2000m以上の成績が良く、ダートは短距離の成績が悪い。
ミスタープロスペクター系、ファピアノ系、フォーティナイナー系、シーキングザゴールド系などネイティブダンサー系との相性が良い。

  • ダノンザキッド(ホープフルS、マイルCS2着、香港C2着)母父ダンシリ
  • マスターフェンサー(名古屋大賞典など交流重賞3勝)母父デピュティミニスター
  • アドマイヤジャスタ(函館記念 ホープフルS2着)母父エリシオ
  • ヴェロックス(皐月賞2着、日本ダービー3着、菊花賞3着)母父モンズーン

芝1800,2000mで計2勝。
近親にオーシャンブルー 1着 金鯱賞(G2)、中山金杯(G3)、2着 有馬記念(G1)

主な兄姉

2番仔

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲管囲体重
15217621454

動き

パワーのありそうな筋肉量。繋ぎはやや硬め。

厩舎(6/4時点)

須貝 尚介
21年:7位 22年:4位 23年:27位


重賞49勝、昨年もG1 2勝など実績のあるトップトレーナー。出走回数はかなり多めで、2歳戦にも強い。北海道での勝率が高いく、騎手は吉田隼、川田、西村淳、武豊が主戦。

適性コース

芝1800-2400m

まとめ

最大5で評価 

2.5
父、母父とも重めの血統で、馬体もそのように映るので日本の高速馬場対応がどうか。

スポンサーリンク

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました