スポンサーリンク

サンデーサラブレッドクラブ 2023年度 外国種牡馬

23サンデー
スポンサーリンク
スポンサーリンク

馬名のリンクはnetkeiba

トナフトゥの22

No.募集予定馬名性別誕生日一口厩舎
148トナフトゥの222/360奥村 武Caravaggio

Caravaggio 

スキャットダディ産駒のアメリカ産だが、アイルランドの名門エイダン・オブライエン厩舎所属。
2歳の早い時期から1200m以下で活躍。コヴェントリーS(英G2 芝1200m)、フェニックスS(愛G1 芝1200m) コモンウェルスD(英G1 芝1200m)を制覇。3歳で引退。

日本で走った産駒はアグリだけだが、阪急杯(G3)勝ち。今年から日本で種牡馬生活を送る。スキャットダディ産駒の日本代表馬はミスターメロディ(高松宮記念)がおり、基本的に1200m中心で、芝ダートとも走る馬は出るだろう。

モンゴリアンチャンガの22

No.募集予定馬名性別誕生日一口厩舎
149モンゴリアンチャンガの223/20100萩原 清Not This Time

Not This Time 

アメリカ産
BCジュベナイル(米G1 ダート1700m)2着も怪我で引退。半兄がBCマイル勝ち。ジャイアンツコーズウェイの日本での代表産駒は、エイシンアポロン(マイルCS)、スズカコーズウェイ(京王杯SC)。現役時代の勝ち星が全て芝のスズカコーズウェイの産駒勝ち星は全てダートで、本馬もそうなる可能性はある。

ラッキーダイムの22

No.募集予定馬名性別誕生日一口厩舎
150ラッキーダイムの223/675武井 亮Medaglia d’Oro

Medaglia d’Oro 

アメリカ産。1999年産と高齢。
現役時代は、アメリカのダート1800mG1を3勝。日本で走った産駒は少ないが、芝1200mの成績が最も良い。サドラーズウェルズ系なので、基本的には時計のかかる芝向き。日本での重賞馬はエーシンメンフィス(愛知杯)

ワディハッタの22

No.募集予定馬名性別誕生日一口厩舎
192ワディハッタの224/7200高野 友和Frankel

Frankel 

イギリス産
14戦14勝、G1 10勝と歴史的名馬。マイルを中心に活躍しほとんどのレースが圧勝。イギリス、アイルランドでリーディングサイアーを獲得し続けている父ガリレオ産駒の中でも最高傑作。
日本ではG1馬3頭を輩出。ガリレオの子であるが高速馬場に強く重賞勝ちはほぼマイル以下。一度戦績が悪くなると立て直せない馬が目立つ。
基本的に芝で使われるが、芝ダートの勝率はほぼ同じ。


ソウルスターリング(阪神JF、オークス)
モズアスコット(安田記念、フェブラリーS)
グレナディアガーズ(朝日杯FS、阪神C)

イーヴンソーの22

No.募集予定馬名性別誕生日一口厩舎
194イーヴンソーの223/31150池添 学Kingman

Kingman 

イギリス産で名門ジョン・ゴスデン厩舎所属
愛2000ギニー(愛G1 芝1600m)、ジャックルマロワ賞(仏G1 芝1600m)などマイルのG1を4連勝も3歳で引退。カルティエ賞最優秀3歳牡馬及び年度代表馬を受賞。日本での産駒も
シュネルマイスター(NHKマイルC(G1)安田記念2着,3着2回)
エリザベスタワー(チューリップ賞(G3))
などマイルで活躍。

スポンサーリンク

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました