ティックルゴールドの20 レビュー

スポンサーリンク

21G1
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2021)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎生産
ティックルゴールドの20 20.03.1135万円高木 登白老Fドレフォン 

血統

産駒は2021年デビュー。
父ジオポンティは芝の中距離で活躍したが、ドレフォンはアメリカのダート短距離で活躍し、BCスプリントなどG13勝。父ストームキャット系、母父ヴァイスリージェント系(デピュティミニスター)とアメリカのダートスピード血統。サンデー系との配合のしやすさはメリット。

芝1800,200mで計3勝。
半弟アキトクレッセント (ウォーエンブレム) 3着 武蔵野S(G3)
半妹 アンジュデジール (ディープインパクト) がJBCレディスクラシック(G1)などダートで活躍。

主な兄姉

3番仔
初仔は着外続き。

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲菅囲体重
14916919.5405

動き

硬めの動きでダートだろうが、全体的に非力。

厩舎(6/6時点)

高木 登
19年:31位 20年:56位 21年:35位

個人馬主やノルマンディー、ラフィアンといった非社台系の馬が多いが、着実に勝利を挙げている。ダートの方が圧倒的に勝利数が多い。騎手は所属の菅原の起用が多い。

適性コース

ダート1400-2000m

まとめ

最大5で評価 

2
上2頭が活躍できておらず、馬体的にも見どころがない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました