スポンサーリンク

トータルヒートの22 レビュー

23G1
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2023)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎牧場
トータルヒートの221/28125斉藤 崇史白老Fキタサンブラック

血統

2021年産駒デビュー。アーモンドアイに抜かれるまで、G1 7勝歴代獲得賞金1位の歴史的名馬。天皇賞・春ではレコード、天皇賞・秋では超不良馬場での勝利とユーティリティな対応を見せた。かなり馬体が大きく、瞬発力ではなく持続力タイプ。父ブラックタイドはディープインパクトの全兄だが、他に産駒のG1馬はいない。
産駒は今の所芝での勝ち星が多いが、芝ダートの勝率がほぼ同じ。距離は芝のマイル以上がメイン。G1馬はいずれも瞬発力を見せており、現役時代の本馬とは違う印象。母系にサンデーやリファール内包馬の活躍が目立つ。

  • イクイノックス(天皇賞・秋、有馬記念、ドバイシーマC、皐月賞・ダービー2着)母父キングヘイロー
  • ソールオリエンス(皐月賞、ダービー2着)母父Motivator
  • ガイアフォース(セントライト記念)母父クロフネ
  • コナコースト(桜花賞2着)母父キングカメハメハ
  • スキルヴィング(青葉賞)母父シンボリクリスエス

芝ダート1200,1400mで計5勝ルミエールオータムD2着とスプリント戦線で活躍。母はアメリカで重賞勝ち。

主な兄姉

キャンデセント (牡 2019 ディープインパクト) 1勝 芝2000m
サーマルソアリング (牝 2020 ドゥラメンテ) 1勝 芝1600m

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲管囲体重
15717520.5473

動き

1月生まれということもあり、全体的に馬格があるが、まだ筋肉はつききっていない動き。

厩舎(6/4時点)

斉藤 崇史
21年:6位 22年:14位 23年:27位


まだ40歳だが近年成績上位安定でG1を7勝。出走回数は並で芝の勝ち星がかなり多い。所属騎手の団野が圧倒的に多く、次いで福永(引退)、岩田望。

適性コース

芝1600-2400m

まとめ

最大5で評価 

3.5
父と相性が良いあ欧州系の母系ではないが、上も勝ち上がっており、馬体的にも期待が持てる。

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました