レクレドールの20 レビュー

スポンサーリンク

21G1
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2021)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎生産
レクレドールの20 20.04.1775万円池江 泰寿白老Fモーリス

血統

日本、香港でG1 6勝の名馬 父スクリーンヒーローで母はメジロ牝系で字面だけ見ればステイヤーだが、気性的な面もあり現役時代はマイル中心に使われ2000mまで。古馬になってから成績が充実した。
産駒は昨年デビュー。芝の方がダートより3倍ほど出走回数が多いが、勝率は大きな差はなく、距離も含めると芝2000mがもっとも成績が良い。体格の良い馬が多いが、牡馬は480キロ以上の成績が良い。

  • ルークズネクスト(ファルコンS)
  • シゲルピングルビー(フィリーズレビュー)
  • ピクシーナイト(シンザン記念

芝1500,1800,2000mで計4勝など重賞2勝。ローズS(G2)、クイーンS(G3) 2001年産と高齢で、この産駒を最後に繁殖牝馬は引退。
全兄にステイゴールドがいる、ゴールデンサッシュ(サッカーボーイの全妹)の牝系。この牝系は大物も多いが、全く走らない馬も多く両極端だが、気性が悪い馬が多いのでその影響も多分にあるだろう。

主な兄姉

  • ラルシュドール (牝 2009シンボリクリスエス) 3勝 ダート1700-1800m
  • クラージュドール (牡 2010キングカメハメハ) 5勝ダート1800-2100m
  • ベルーフ (牡 2012ハービンジャー) 3勝 芝2000m 1着 京成杯(G3)
  • ルフォール (牝 2013キングカメハメハ) 3勝 芝1600,ダート1800m
  • コリエドール (牡 2014 クロフネ) 2勝 芝1800,ダート1900m
  • グルファクシー (牝 2016 ハービンジャー) 2勝 芝1800,2000m

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲菅囲体重
15217019.4378

動き

まだ馬体は小さく、動きもぎこちない成長途上。

厩舎(6/6時点)

池江 泰寿
19年:6位 20年:8位 21年:15位

重賞83勝。日本を代表するトレーナー。ノーザンFの馬が4割ほど。有力クラブ、個人馬主の管理馬多数。管理馬が多くなかなか使えない可能性も。勝ちのほとんどは芝で、騎手は藤井勘、川田が多く、所属の水口はあまり多くない。

適性コース

芝ダート1600-2000m

まとめ

最大5で評価 

2.5
実績のある血統で、勝ち上がりは期待できるかもしれないが、母は高齢で最近の産駒も順調さを各馬が多いのでこの評価。

コメント

タイトルとURLをコピーしました