スポンサーリンク

ラルクの21 レビュー

22インゼル
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(出典 インゼルサラブレッドクラブ:https://inseltc.com/offer-horse-list/

基礎情報

募集予定生月日生産一口厩舎
ラルクの21Golden Horn4/13Coolmore Stud6松永幹夫

血統

イギリス産
9戦7勝という結果を残し、3歳時に英ダービー(英G1 2400m)、エクリプスS(英G1 2000m)、愛CS(愛G1 2000m)、凱旋門賞(仏G1 2400m)と欧州の主要芝中距離G1を制覇しカルティエ賞年度代表馬。


日本で走った産駒は少ないが、基本的に芝ダートとも1600mより長い距離で活躍している。

キーファズ保有。セレクトセール1億5,660万円と高額取引で芝1600,1800,2400mで計3勝。

母ライラックスアンドレースはアッシュランドステークス(米G1 AW1700m)勝ち
半妹にラッキーライラック (牝 2015 オルフェーヴル) 7勝 阪神JF(G1)、エリザベス女王杯(G1)連覇、大阪杯(G1)、チューリップ賞(G2)、アルテミスS(G3)  芝1600,2200m
全弟ライル (セ 2016 ディープインパクト) 2勝 芝2000,2200m

主な兄姉

2番仔

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

馬体重体高胸囲管囲
41214916920.1

動き

体重の割にかなり太めに映る体型。動きは柔軟性があるが脚が短く低重心

厩舎(10/2時点)

松永 幹夫
20年:37位 21年:32位 22年:14位


騎手時代1400勝、G16勝を挙げた人気騎手であったが、2007年に開業。徐々に成績を上げ重賞21勝、G16勝。社台系の馬も多めだが一辺倒ではなく、ノースヒルズやキーファーズといった有力馬主の馬も多く、レース回数が多め。


起用騎手は、競馬学校の1期後輩でもある武豊が最も多く、ついで角田大和、横山典。

適性コース

芝1600-2400m

まとめ

最大5で評価 

3

母系は日本向きで期待できるが、欧州で活躍したゴールデンホーン、こじんまりとした馬体という不安が大きい。

スポンサーリンク

コメント

Verified by MonsterInsights
タイトルとURLをコピーしました