クーデンビーチの20 レビュー

スポンサーリンク

21G1
スポンサーリンク

(出典 G1サラブレッドクラブ:https://www.g1tc.co.jp/collection/list?offer_year=2021)

基礎情報

募集予定馬名性別誕生日一口厩舎生産
クーデンビーチの20 20.01.2450万円渡辺 薫彦社台Fキズナ

血統

日本ダービー制覇。凱旋門賞4着。
一昨年産駒デビューで勝ち上がり率は約40%と高い。ディープインパクト産駒だが勝率連対率とも芝とダートはほぼ変わらない。母系のストームキャットの血が出ていると言える。牡馬牝馬とも、馬体重が重い方が成績が良く、芝は1400m以上、ダートは1600m以上の勝率が高い。

  • ディープボンド(京都新聞杯 阪神大賞典 天皇賞・春2着)母父キングヘイロー
  • マルターズディオサ(チューリップ賞、紫苑S)母父グランドスラム
  • ビアンフェ(函館2歳S、葵S、函館SS)母父サクラバクシンオー
  • バスラットレオン(NZT)母父ニューアプローチ
  • ファインルージュ(フェアリーS、桜花賞3着)母父ボストンハーバー

アイルランド産 イギリスで1勝。2000年産と高齢。
近親にサミター 愛1000ギニー(G1)
その子にダノンチェイサー きさらぎ賞(G3)

主な兄姉

日本でデビューした最初の3頭は勝ち上がったが、以後中央で勝った馬はいない。

  • レッドレイチェル (牝 2011 Medaglia d’Oro) 1勝 芝1200m
  • サザナミ (牝 2012 ディープインパクト) 5勝 芝1200,1400m
  • ホウオウマリリン (牝 2013 ダイワメジャー) 2勝 ダート1200,1400m

馬体

測尺(体高、胸囲、菅囲:cm 体重:kg)

体高胸囲菅囲体重
15216818.6348

動き

1月うまれながらかなり体が小さく、特にトモの容量が不安。

厩舎(6/6時点)

渡辺 薫彦
19年:116位 20年:67位 21年:58位

毎年10勝台だが、今年は重賞を勝つなど好調。G1レーシングのヴァルディゼールで重賞初制覇。あまり騎手の偏りはないが、騎手時代からの縁か和田竜が多い。

適性コース

芝1200-1600m 上は基本短距離。

まとめ

最大5で評価 

2
母が高齢かつ近年産駒が不振で、馬体もかなり小さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました